破産宣告のデメリットとは?~初心者でもわかる破産宣告ガイド~

破産宣告のデメリットとは?~初心者でもわかる破産宣告ガイド~

破産宣告のデメリットとは?~初心者でもわかる破産宣告ガイド~

債務整理を行う場合は、任意整理や自己破産などいくつかの方法があります。このうち任意整理は、一定期間内に債務を分割返済するもので、定収入がある人や、売却できる家財道具がある場合にお勧めです。しかし定収入があっても少額であるとか、決まった収入が無い場合、売却できる車などが無い場合は、自己破産がお勧めです。この自己破産は、裁判所に破産宣告を行って免責を受け、債務を帳消しにしてもらうことにより、新たに生活を再建できるのが最大のメリットです。しかし、もちろんデメリットもあります。
まず、これは任意整理でもそうですが、自己破産後しばらくは、新規の借入やローンの申込ができません。通常は7年間は難しいと考えてください。その7年が終わっても、債務整理の対象となった金融機関での借入や、クレジットカードの申込はできにくくなります。それから、破産宣告を行った場合は、官報に氏名が記載されるのもデメリットです。とはいえ、普通はそういう欄を読む人はそう多くありませんので、破産宣告をしたと自分で言わない限り、わかることはまずありません。むしろ、これを見た闇金が、融資の目的でDMを送って来るので、そちらの方に気を付けてください。闇金は違法業者で、利用すると後で色々面倒なことになります。
それから、自己破産の場合は、金融業や士業関連の人は、一時的に就業が不可能になるのもデメリットです。もちろん、これは後で復職できますが、企業でお金を扱う部署にいる人などは、人事異動という可能性もありますので注意しておいてください。