破産宣告の失敗しない手続きの方法とは?=破産宣告マニュアル=

破産宣告の失敗しない手続きの方法とは?=破産宣告マニュアル=

破産宣告の失敗しない手続きの方法とは?=破産宣告マニュアル=

自己破産を決意したのはいいのですが、破産宣告の方法がよく分かりません。
法的なことですから、いろいろ厄介な手続きがあるのではないでしょうか。
でも破産宣告の方法はそれほど難しいものではありません。
したがって、弁護士などに依頼しなくても、自分で手続きができる場合もあります。
破産宣告の方法は以下の手順にしたがって、まず書類づくりから着手してください。
破産宣告に必要な書類は次のようになります。
<①破産申立書と陳述書>これらの書き方については本などで調べてください。
<②債権者一覧表>すべての債権者を漏れなく記載しなければいけません。
<③資産目録>土地、建物、預貯金など、現在の資産をすべて記載します。
<④家計状況の報告書>過去2~3ヶ月程度の家計の状態について記載します。
<⑤免責申立書>これについては一様ではなく、破産決定後に提出する場合もあります。
<⑥住民票と戸籍謄本>いずれも3ヶ月以内に発行されたもの。
<⑦源泉徴収票の写し>前年度分になります。なお、家族の分も必要な場合もあります。
<⑧課税証明書>源泉徴収方など、各種税金の証明ができない場合、役所でこれを発行してもらいます。
<⑨預金通帳の写し>すべての預金通帳の写し(過去2年前から、すべての取引が記帳されたもの)。
<⑩その他の必要書類>車検証の写し、生命保険や証券などの写し、保険解約払戻金証明書、賃貸住宅契約書写しなど。
以上の書類の他にも必要な場合があります。それについては裁判所の窓口で聞いてください。